19 6月

新人で透析、それって無理ですか?

8sinjin透析室で働く看護師の仕事というのは、
一般的な看護師から見ればかなり特殊ですし、
専門性もあり難しそうと感じます。

でも、実際には実は単純な作業でもあり、
一度覚えてしまえば大変さというのは少なくなります。

 

新卒で透析室に配属された場合いは、
最初の3ヶ月は大変になります。

今までは教わったことがないような機械類の操作方法を覚え、
そして人工透析についての知識を覚え込んでいかなければなりません。

 

初めのうちは穿刺スキルも低く、
患者さんによっては新人看護師は信頼が出来ないから、
穿刺を拒否する。という方もいます。

 

ただ、患者さんは2~3日おきに通ってくることになるため、
日々頑張っている新人看護師を見ると、

自然と応援してもいいかな。
この看護師はすごくかんばっているな。
信頼できる人だ。と感じられていきます。

 

とにかく頑張ることでしか、
この信頼は勝ち取ることが出来ないんですよ。

 

1つ1つ覚えていかないことが多い透析室の仕事ですが、
新人看護師でも勤務が出来ます。

ただ、やはりしっかりとした教育プログラムがある
透析室で働くことというのは大切です。

 

これは新人看護師だけではなく、
今まで臨床経験がある看護師でも、
透析室での勤務をする場合には、
同じように教育プログラムがあるところを選ぶ必要があります。

新人であれば、新人教育とさらに別に、
透析室での教育プログラムという
2つのパターンの教育を同時に受けていくことになりますよね。

 

最初は自信がないと思うと思いますが、
自信の無さというのは表に出すことなく、
日々頑張って働くことが大切ですよ。